本文へ移動

境内のご案内

 

境内の建築物

本堂

本堂
現在の本堂は平成十八年四月に再建されました。
ご本尊は十一面観世音菩薩像(江戸時代前期作)。
また釈迦如来像・地蔵菩薩像(ともに室町時代作)も安置されています。

山門

平成十八年の本堂再建にともなって新たに建立されました。

鐘楼

享和三年(1803)建立。
梵鐘は昭和三十八年(1963)に鋳造されたものです。

庫裏・客殿

平成十八年に改修されました。
各種行事で使用しているほか、玄関では線香をご用意しております。
お彼岸やお盆の際にはお花も販売しています。

如意輪堂会館

葬儀会場・法事後のお食事会場として使用できます。
また広福寺ママさんコーラスの練習や各種イベントなど、多目的ホールとしても活用しています。
 

文化財について

旗本内藤家墓所

福島村二代目領主内藤正頼の墓は昭島市指定旧跡となっています。
板石を用いた板碑形近世墓として貴重です。
 

大松

樹齢500年のクロマツで、昭島市指定天然記念物となっています。
広福寺と福島村の歴史を見守ってきた当山のシンボルです。

二千年蓮

故大賀一郎博士が、発掘された蓮の実から開花させた古代蓮です。
昭和四十一年(1964)、縁あって大賀博士の育てた蓮より根分けしていただいて以来、毎年大輪の花を咲かせています。
見頃は7~8月の早朝です。

百体地蔵

江戸時代まで広福寺には地蔵堂がありました。
その由緒から、平成元年よりご縁を募って地蔵像が建立され、
平成五年に百体地蔵として成就いたしました。
金峰山広福寺
〒196-0031
東京都昭島市福島町2-14-7
TEL:042-541-0508
FAX:042-546-9355
TOPへ戻る